安武眼科医院

お電話でのお問い合わせ
Tel.0964-32-0733

安武眼科医院

MENU

診療案内

Medical

診療案内

日帰り白内障手術

白内障とは、水晶体が白く濁ってくる病気です。白内障は加齢によるものが一番多いですが、他に先天性や外傷性、アトピー、糖尿病、薬剤や放射線などが原因となる白内障もあります。加齢による病状の進行は、早い場合では40歳代から始まり、加齢とともに増えていきます。その他の白内障は比較的若年層で発症し、アトピーや…

緑内障

日本人における視覚障害の原因疾患の第一位は緑内障です。治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と言われております。 特に日本人の場合、眼圧が正常範囲であるにもかかわらず、緑内障を発症する人が多いことがわかっています(正常眼圧緑内障)。 緑内障は眼…

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起きてくる眼の病気です。予備軍も含めると2,000万人といわれる糖尿病の患者数の多さもあって、糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してからの失明の大きな原因疾患となっています。 糖尿病には、のどが渇く、多尿などの症状がありますが、これらは病状がかなり悪くならないと気づ…

ドライアイ

最近、パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使して、目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快を感じるという人が増えています。目に不快感があると仕事のみならず、日常生活でも大きな不便を感じたり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状を招いたりすることがあります。こういった症状の原因の一つとしてドライア…

眼精疲労

1.デスクワーク パソコンや携帯電話の画面を長時間見続けたり、手元で細かい作業を行っていると、目のピント調節を行っている毛様体筋が疲弊し、目に疲れが出ます。 2.メガネやコンタクトレンズ 自分に合っていないメガネやコンタクトレンズをしていると、毛様体筋が無理にピントを合わせようとして、目に疲れが出や…

アレルギー性結膜炎

私たちの身体には、体内に入ってくる異物を排除しようとするはたらきがあり、このはたらきのことを免疫といいます。本来、花粉などは異物と感じないしくみになっているのですが、アレルギー体質だと異物と認識して、免疫反応がはたらいてしまいます。この過剰な反応のことを、アレルギー反応といいます。 アレルギー性結膜…

メガネとコンタクトレンズの処方

適切なメガネやコンタクトレンズを使用しないと眼精疲労やドライアイ、視力低下につながります。 また、コンタクトレンズは目にとっては異物ですから、適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと障害が起こりやすくなります。コンタクトレンズを使用している方は異常がなくても、3ヶ月程度に1度は眼科で定…

小児眼科

お子様が大人とほぼ同じ視力まで成長するのが8歳ごろと言われています。生まれたばかりの赤ちゃんはまだぼんやりとしか見えていません。生後3ヶ月~6ヶ月頃に急激に発達し、その後成長と共に徐々に発達し、小学校に行く頃には大人と同じくらいまで見えるようになるのです。 視力の発達が期待できる年齢(感受性期)は7…

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは目の中心部である黄斑部に障害が生じ、中央にゆがみが出現する病気です。欧米では成人の失明原因の第一位で珍しくない病気です。日本でも、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しています。発症のリスクとしては加齢ですが、その他に喫煙や紫外線なども関係しているといわれています。 …